2015/01/28

FBからの転載記事:詳細は後日、追ってお知らせしますの「追って」とは!?

【詳細は後日、追ってお知らせしますの「追って」とは!?】

とっても素敵なコラボレーションが進んでおります。
理事の青木先生ともう一方を交えての2回目の打ち合わせが終了しました。
具体的なことは、また追ってお知らせいたします。

そういえば『おって連絡します』の『おって』は『追って』『折って』ではどちらが正しいのでしょうか?



追って には
1 近いうちに。のちほど。後日。「結果は―ご連絡いたします」
2 手紙や掲示などで、一応書き終えたあと、さらに書き加えるとき、その初めに置く言葉。なお。付け加えて。
という意味があります。

折り返し には
間をおかずにすぐにするさま。ただちに。 「 -返書を送る」

「折り返し連絡する」とは、言いますが
折って連絡しますという使い方はしないようです。

折り返すというのは、意味にあるよう「ただちに」「すぐに」という意味があるので、別の要件を済ませて直ぐということになります。

対して「追って」には、近いうちに、なので2・3日やそれ以上の猶予があるということになります。

対応の速度によって「折り返し」と「追って」は使い分けないといけませんね。

という豆知識でございました。

間違えやすい日本語はこちらから
http://amzn.to/1xWHvOW

We progressed very nice collaboration.
Earlier, the meeting of sprinkled the other with the director of Aoki teacher was terminated.
Specific thing, also shortly I will inform you.

Speaking to "Contact owes" "owed" of whether Will it "shortly" and "folded to" Both are correct?

Shortly to
Within 1 close. Later. At a later date. "The result - I will let you know."
2 in such letters and posting, after you finished writing once, when further write add, words to put in the beginning that. It should be noted. Added to.
There is a sense that.

In wrapping
In to immediately side dish between. Immediately. "- Hensho I send"

To the get back, but say you
How to use that to fold and will contact seems not.

And of that wrap, because as it is in some sense means "immediately", "immediately", you will be called immediately and have done a different requirement.

To "shortly" is for, you will be referred to in the near future, so there is a 2-the 3rd and more grace.

It does not go with the "shortly" is not properly used and "folded" by the corresponding speed.

Was there a bean knowledge that.

間違えやすい日本語はこちらから
http://amzn.to/1xWHvOW