2012/02/17

待てば海路の日和あり・6級

読み:まてばかいろのひよりあり
意味:せかせかせずに待っていれば良い機会が巡ってくるということ。


待っていれば船旅に適した気候になるという、今の形も
もともとは
1.待てば甘露の日和あり
2.待てば甘露の雨を得る
という形だったそうです。
甘露という甘い露が降ってくるという
とても幸せな状況を「甘露の日和」といったことが、その理由として挙げられています。
(出典:岩波ことわざ辞典 著・時田昌瑞)


1,575円税込
2月23日発売

1,050円税込
大好評発売中


Check